2022/04/27

【前編】スピリチュアルビジネスで月商30万円を超える秘訣


この記事では
「スピリチュアルビジネス」に焦点を絞り、
2つの大きな課題と、その解決方法について、
詳しく解説していきます。

最後までお読みいただければ
月商30万円(以上!)の道が見えるはずです。

 

解説に入る前に「スピリチュアル産業」について
一緒に見ていきましょう。

―――――――――――――――――――――――
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
副主任研究員の有元裕美子氏が書いた
『スピリチュアル市場の研究』(東洋経済新報社)
によると、占いを含むスピリチュアルビジネスの
市場規模はおよそ1兆円の規模
だと言われている。
―――――――――――――――――――――――

 

ちなみにこれは2011年時点の話です。

10年以上経過し、コロナによって世界が
大きく変わり、スピリチュアル的な癒しのニーズが
高まったことを踏まえると….

概算ですが、
1.5兆円〜3兆円程度に拡大している
可能性があります。

この市場規模は、
化粧品や理美容業界の市場規模に匹敵します。
驚きの規模ですよね!

<市場規模参考>
https://onl.bz/RrJsZWe

 

スピリチュアルビジネスを
「仕事にしたい!」と考える方が
増える理由も納得だと思います。

ただ、冒頭にも記載しましたが、
スピリチュアルビジネスでの起業は
2つの理由から「売上が難しい」のです。

 

収益化が難しい理由の一つ目「競合が多すぎる」

「参入障壁」が低く、参入するのが簡単なんです。
つまり、「誰でもすぐに」始めやすいから
競合は当然、多くなってしまいます。

お客さま視点で考えると「●●占いやってます!」
と言ってる方がたくさんいて、誰を選んだらよいかわからないのです。

 

どうしたら解決できるの?

「ターゲット設定」が重要です。

ここでは「みんなハンバーガー理論」
で解説します!
(私が命名したので、
ググっても出てきません 笑)

 

あなたが街中でハンバーガー屋さんを
開いたとします。
そして、うちの店のターゲットは
「みんなです!」と設定したとしましょう。

するとどうなるのか?

低単価でお腹いっぱい食べたい人は
マックに行くでしょうし、
健康志向で美味しく食べたい方はモスバーガーへ。

高級志向でしっかり食べたい方は、
そのようなお店に行くでしょう。

ではあなたの店は?

「みんながターゲット」
というのは、誰向けなのかわからないので、
誰からも選ばれなくなってしまうんです。

 

 

仮にあなたが「タロット占い師」
だったとしましょう。

国内にタロット占い師は何人いるでしょうか?
数千、数万、もしかしたらもっといるかも
しれません。

その中であなたが
「みんな(向けの)タロット占い師!」
として活動していたとしても、
誰かに選んでもらうのは非常に難しくなります。

 

でも、ターゲットを明確にして、
「恋愛に悩んでいるアラサー向けのタロット師!」
とすれば、来て欲しいお客様に
気がついてもらうことが可能になります。

あとは、そのターゲットに対して
発信をしていくことで

「お客様が来てくれる状態
=集客ができている状態」

にすることが可能です。

 

ただ、注意点が1つ。

“自分にとって都合の良いターゲット設定”は
避けてください。

「単価を上げるために法人企業向けに
サービスを始めようと思うんです」
という相談をされる方が非常に多いですが
これは十中八九うまくいきません。

なぜなら、法人をターゲットにした理由が
「自分にとって都合が良いだけ」だからです。

少なくとも私は、そのような方のサービスを
受けたいとは思いません。

なぜ法人社長にそのサービスをしたいのか?
そして、どんなサービスで社長の課題を
解決してくれるのか?

ここが明確である必要があります。

 

 

ここまで長くなってしまいましたので
収益化が難しい理由の二つ目「単価が低すぎる」
については、次回のブログで解説します。

ぜひ、次回も楽しみにお待ちください。

後編はコチラ≫

 

 

今回のブログを読んで

「ここがわからなかったから教えて欲しい!」
「自分もスピリチュアルビジネスをしていて
売上が作れず苦戦しています…」

なんていう方はご相談ください。
LINE公式からのご質問も大歓迎です。

「コツを知るだけ」で全然違う売上になりますよ。

 

=======================

自分も家族も仲間も顧客も全部幸せにしたい
社会に必要とされ、理想を最短で叶えるための
Biz make school(ビズメイクスクール)
LINE公式で詳細情報配信中です。

▼「起業家タイプ診断」も実施中▼

SNSでシェア

Twitter

Facebook

LINEで送る